ヒロの日記

備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
多シナプス反射:引っ込め反射
 

多シナプス反射:引っ込め反射

  多シナプス反射の経路は複雑に枝分かれしている。各枝分かれ経路の中でのシナプスの数は一定ではない。各シナプスでシナプス遅延が生じるので、シナプスの数が少ない枝分かれ経路の活動がまず最初に運動ニューロンに達し、より長い経路の活動がそれに続く。したがって、1回の刺激で運動ニューロンは長い間刺激され続けることになり、その結果として反応が長く続く。さらにいくつかの枝分かれ経路は自分自身の経路に折り返してきて反復興奮を引き起こし、興奮がシナプスを越えて伝播できなくなり、消滅するまで続く。このような反響回路reverberating circuitは脳や脊髄では一般的に存在している。

 

引っ込め反射

  引っ込め反射withdrawal reflexは典型的な多シナプス反射で、皮膚あるいは皮下組織および筋肉への侵害刺激(通常は痛み刺激)に反応して生じる。この反応は屈筋の収縮と伸筋の抑制で、その結果刺激された身体部位は屈曲して刺激から引っ込められる。

強い刺激が一肢に加えられると、反応はその肢の屈曲と引っ込めだけでなく、反対側の肢の伸張が生じる。この交叉伸展反射crossed extention reflexは引っ込め反射の一部である。

正常な動物で示すことは難しいが、脊髄を予め切断して脳からの調節効果をなくしてしまった実験動物(脊髄動物)では強い刺激を与えると介在ニューロン群に興奮が生じ、引っ込め反射の影響が四肢に広がる様子を容易に見ることができる。例えば脊髄ネコの後肢をつねると、刺激を受けた足は引っ込み、反対側の足は伸展し、同側の前肢は伸展し、反対側の前肢が屈曲する。この興奮性の活動が脊髄を上下に伝わって、より多くの運動ニューロンに広がっていくことを刺激の放散irradiation of the stimulusと呼び、活動する運動単位の数が増すことを運動単位の動員recruitment of motor unitと呼ぶ。

21:33 | 反射について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
クローヌス
 

クローヌス

  γ遠心性発射活動が増した状態で観察されるその他の特有の徴候はクローヌスclonusである。
 この神経学的徴候は、不意に筋肉を持続的に引き伸ばしたときに生じる規則正しいリズミカルな筋肉の収縮である。

足首のクローヌスはその典型例である。
 突然に足先を背屈させてそのままにすると、リズミカルな足底の屈曲が足首の部分で生じる。
 先に述べた伸張反射―逆伸張反射という一連の現象が恐らくこの反応に関係していると考えられる。
 しかし、
Golgi腱器官からの発射活動がなくても、運動ニューロンが同期に発射してもこの現象は起こりうる。

 つまり、テストをしている筋肉の筋紡錘の活動は筋の伸張によって亢進しており、筋紡錘からの活動電位の群発
(バースト)は、その筋肉を支配している運動ニューロン全てを同時に発射させる。(つまり、伸張反射が起こるってことかな)

 その結果、筋肉が収縮して筋紡錘からの発射活動が停止する。

 しかし、筋肉が引き伸ばされたままで(足関節背屈位に伸張したまま)、筋肉が弛緩するやいなや再び引き伸ばされて(収縮して底屈になったのが弛緩して背屈に戻る)、筋紡錘が刺激され、この繰り返しでクローヌスが生じる。



これ、意味が通じますか?

23:27 | 反射について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
伸び反応(折りたたみナイフ効果)
 

伸び反応

  筋肉の緊張が高いときに、中程度の伸張と過度の伸張を続けて行うと、中等度の伸張で筋肉の収縮、過度の伸張で筋肉の弛緩という一連の現象が起きることが明瞭にわかる。
 例えば、肘を受動的に屈曲すると上腕三頭筋の伸張反射が起きてすぐに抵抗を受けるが、さらに屈曲して上腕三頭筋を伸張すると、逆伸張反射が生じ、その結果、屈曲への抵抗は急になくなり、腕は屈曲する。この後さらに受動的に屈曲し続けると、上腕三頭筋は再び伸張され、屈曲への抵抗と弛緩の連続が繰り返される。

  一肢が受動的に動かされたときに、抵抗の増大とそれに続く抵抗の減少が起きる一連の現象は、ポケットナイフを折りたたんでしまうのに似ていることから、臨床的では折りたたみナイフ効果clasp-knife effectと呼ばれている。生理学的には緊張が亢進している筋肉の伸びに対する反応なので、伸び反応lengthening reactionと呼ばれる。
08:27 | 反射について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--