ヒロの日記

備忘録
<< 勉強法 | TOP | 肩関節のjoint distention >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
橈骨手根関節についてMEMO
橈骨手根関節

 橈骨手根関節の近位構成要素は、橈骨の凹面および隣接する関節円盤である。
 遠位構成成分は、舟状骨および月状骨の近位凸面である。
 三角骨も橈骨手根関節の一部と考えられるが、その理由として完全尺側では、その内側 面は関節円板と接触するようになるからである。

 遠位橈骨の厚い関節面と関節円盤は、手根骨から前腕へと伝わる力を吸収し、分散させ る。
 手根を横切る全圧迫力のうち約20%は円板を通過する。
 残る80%は舟状骨および月状骨を直接通過して橈骨にいたる。

 橈骨手根関節の接触面積は、手根が伸展し尺側に偏位した場合に最大となる傾向がある。
 これは最大握力が得られる手根のポジションである。

 橈骨遠位端には、生態力学的に重要な2つの構造がある。

 第1に、橈骨遠位端は尺骨(内側)方向に向かって約25°の角度を形成している。この尺 骨の傾斜のために、手根および手がさらに回転して、橈骨変異より大きな尺側変異を生 じる。こうした傾斜の結果、手根の橈側変異は、橈骨形状突起に手根骨側方が衝突し制 限される。

 第2に、橈骨遠位関節表面は、手掌方向に約10°の角度をなす。このことにより部分的 ながら、手根では伸展に比べなぜ大きく屈曲できるのかが説明できる。
23:26 | 手関節について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
23:26 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/82
トラックバック

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--