ヒロの日記

備忘録
<< 上司からの指導 | TOP | 異動。揺れ動く心 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
ニート専門機関に行ってきました
平日休みを利用して、父と一緒にNPOのニート専門機関に行ってきました。

そこにはニートの方々が働くための喫茶店、料理屋、雑貨屋、デイサービス、IT事業部、何でも屋が並んでいます。その近くに寮もあります。80人ほどが入寮しています。週3回鍋パーティ(飲み会)があります。寮生活を通して人との交流をもって、ニート流の生き方を見つけていこうという場です。

ここは訪問活動をしています。ニートの対象者に手紙を書いて、電話をして、会って、一緒に映画見たり、散歩したり、ゲームしたり、専門機関を紹介したりという内容です。

ほぼ家の外に出ない兄の状態を考えて、この訪問活動を利用したいと考えています。

しかしねぇ、NPO法人っていう割にはカネがかかるんだぁ・・・

父と一緒に見学会に参加するだけで15,000円かかってます。利用するための面接をするのには、1ヶ月以上待たされる上に30,000円かかります。そうしてやっと利用料がいくらになるのかがわかります。利用料は家族の所得によって違い、交渉があるようです。

ただ、訪問活動の利用料の平均は3ヶ月で30万。1年利用したら120万円ですか!!入寮したらもっとかかるそうです。

利用を開始したところで、兄は訪問活動を拒むでしょう。しかし、訪問スタッフは「9割は拒否から始まる。そこからあらゆる手を使う」と、慣れっこのようです。おそらく兄は、「何であんなやつ呼ぶんだよ。」と怒って荒れるでしょう。また物に当り散らすでしょう。自分は離れて1人暮らししてるから良いものの、両親は辛い思いをするでしょう。

両親との話し合いで利用するかどうか決める予定です。
23:22 | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
23:22 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/78
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--