ヒロの日記

備忘録
<< 不幸せになる7つの悪習慣 | TOP | 食べるの遅いから2Fで食べて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
小遣いは減らしてください。子供の送り迎えはしないでください。
JUGEMテーマ:夫婦喧嘩

いろいろ思うところがあって、夫の立場から日常を記録してみることにした



昨日交通事故にあった。

今日頚椎捻挫、右第2指刺創と診断された

妻の優しさが感じられなくて、信頼できない


昨日、事故に遭って気が動転して、とりあえず警察と保険会社に電話したあとに妻に電話

妻「えー(´д`) とりあえず保険会社に電話しなよ」

警察に質問攻めにされ、保険会社からしつこく電話が鳴り響く中、妻は来てくれた。これはありがたかった。

僕は「ありがとう。心配かけてごめんね」と言うが

妻は不機嫌そうな表情で「もっと気をつけて運転しなよ」と。

警察の現場検証の間に僕「明日の予定は?何時に起きたらいい?」と聞く

起きる時間を予め知らせていなくても、私たちの望む時間までに確り起きて活動して当たり前と言われているから。

でも妻は答えない

「明日のことはまた考えるから、いい」「ゆっくりしていればいい」知らなくてもよいと。

警察が帰ってこれからレッカー業者に電話するという時に

妻「えー(´д`) これから?遅い」

明らかに早く家に帰りたがっている

気が動転して錯乱状態の僕の心理状態はどうでも良いいんだな、と感じてしまう

しょうがないから僕「帰っていいよ」

妻「子供が泣いているから帰るね」

ん?子供は妻の母に任せて外に出てきているのに、なぜ今子供が泣いているってわかるの?

事実確認は不可能なあたり、帰るのに都合のよい理由を作って言ったのだろうな。

妻は車で帰ったが、僕はレッカー車を1時間以上待って雨が降ってきた後に歩いて帰ったよ。

ただいま、なんてもちろんない。

翌日。本日の朝。玄関のドアの鍵を開け閉めする電子音で目覚めた。

8時前くらいに妻と子供と妻の母の3人で出かけた。

僕には何も言わず何も伝えず。

8:35 妻からメール「ごみ捨てお願いします。

「ゆっくり休んでいれば良い」と本当に思っているなら、こういう時ぐらい妻が捨てようとするだろう

自分たちだけ何も言わず出かけて、ゴミ捨てろ。ただの置いてけぼりだ

カインズホームから電話があった。

「(妻の母)はいますか?いつ帰ってこられますか?」と聞かれた

僕は状況を何も知らないんだから答えられるはずがない。

妻にメール「こういうふうに聞かれた。どこに行っていますか?」

妻「カインズホームには電話しましたので、大丈夫です」

いや、どこに行ったかが知りたいんだよ

ここで「どこに行ったか聞いているでしょ?」って返したら攻撃的に感じられてしまう

相手にメリットがあるように。

「昨日の時点では、相手も逃げちゃったし治療費なども出ないって話だったけれども

今日、連絡があって手続きを踏めば見舞金10万円が入ってくるので修理代に当てられます」

と最初に前置き。

「どこに出かけていますか?出る前に俺に知らせてください。何時に帰ってきますか?帰る前に連絡してください」

と送信した

返事は返ってこなかった

僕は仕事から帰ってくる前に毎日メールしている。

たとえ夜中であっても妻がそれを求めるから。深夜まで仕事で、気を遣ってメールしなかったら怒った妻

さらに僕の実家に行く時でさえ、予め妻に連絡するように強制される。

なのに、妻はしない

仕方がないのでもう一度。「どこに出かけていますか?いつ帰ってきますか?」

だいぶ経ってから「何か用事ありますか?こいのぼりの片付け、布団を干して掃除をしてください。13時までには帰れると思います」

結局、行き先は最後まで隠したままだった。

言えないようなところに行ったということだろう。

帰ってきたのはだいぶ早い12:20

布団を干していると、1Fから妻が洗濯物を取り込みに来た

僕は何事もなかったかのように振舞って挨拶

妻は眉間にしわを寄せてこっちを見る。「婆ちゃん(妻の母)が心配しているんだから、何か言いなよ」

いや、顔合わせてないですから。・・・どうやって・・・

警察や保険会社から何度も電話があるのでテンパりながら対応

しばらくして1Fにおりた。とりあえず挨拶「こんにちは」

妻の母に「心配かけてすみません」と言うと「別に」と返ってくる。

言う必要なかったんじゃないか?

子供と触れ合うのは2週間ぶり。1歳半の子供に父である僕が会って触れ合うのを、いいがかりをつけて制限されてそれを我慢してやっと会えた我が子。僕の顔を見るなりニコニコして両手をあげて僕の方に近づいてくる。子供を抱いた。自分にとってとても大切な時間。

しかし、その後妻からの一方的な口撃が始まった。

「ボーッとして運転して事故に遭うなんて信じられない。しばらく保育園の送り迎えもしなくていい!子供を乗せて運転しないで!婆ちゃんが運転するから!子供のことは絶対に譲れないから納得して!」

一方的で話し合いや選択の余地はない。

妻は職場の立体駐車場にて内輪差でおもいっきりコスって、運転席側のドア一枚まるまる交換修理したことがある。
100%妻の過失。

確かに僕はボーッとしていた。反省している。しかし、思い切りぶつかってサイドミラーとガラスが吹っ飛んで粉々になるような衝撃にもかかわらず逃げるようなやつが相手である。自分に過失はあったが100%ではない。

しかし、そんな事が聞き入れられるほど妻は冷静になれない。

まぁ、妻がそう思い込むのも無理はないとは思う。
自分も悪いのだが、話し合いや選択の余地なく一方的に強く言われると硬くなってしまう。
自分が硬くなると妻がもっと硬くなる。

さらに妻「修理代がかかるんだからあなたも来月から1万円小遣い減らして2万円ね!私だって働いているのに2万円でやっているんだから」

妻は実質こづかい2万円ではない。今日だって僕に言えないようなところに出かけているし、知らないところでイオンモールにも行っているし、1パック2000円以上するような肉を毎月大量に買っている。僕の稼いだ金も妻のいいように使っている。
おむつやキッチンペーパーなどの日用品を安く買っているなどは感謝しているが、僕の小遣いの額以外は妻の自由。全然平等ではないし、使い道や貯蓄額は僕にはわからない。

妻は「私は小遣いだって、子供のためになればと思って使っている」と言う。英会話教室の月謝代を払っているとのこと。
目的がしっかりしていれば家計の金で払っても良いと思っていたので、通い始めるときに僕は
「どんな目的で通わせる感じなのかな?」と尋ねた。
「小学校から英語が始まるし、ついて行きやすくなるように。あとは周りの友達とも楽しんで過ごすため。友達と楽しくって言うと、確かに保育園の方が友達たくさんいるし長くたくさん触れ合えるんだろうけれども・・・まぁいいや。私の小遣いで行かせるから」と言ったのが発端。
子供を育てて家計を運営するのに、目的もなしにただなんとなく大金を出すわけにはいかない。
目的も伝えられないことに自分で気づいて、自分で小遣いから払うことを選択したが、いつの間にか被害的になり、その価値観を押し付けてくる

僕の小遣いの使い道は、研修。稼いで子供を育てて家のローンを返すためには、技術を磨いて研鑽する必要がある。だから高い金を払ってでも学ぶ必要がある。仕事が遅くまでかかると昼食から10時間12時間と何も口にできないことがある。ちょっとお菓子を食べたくなったりもするが、本を買ったり研修に行くために、我慢する。
それは僕にとっては家族のため。

にもかかわらず「あなたは自分のためだけに小遣いを使えるのだからいいじゃない」と妻。

妻がイライラし喧嘩し心を消耗するのは、大体いつも妻からの一方的な価値観の押しつけが原因。



「あーいえばこーいってばっかりでイライラする。自分の方から『しばらく子供を乗せて運転しません』って言えないの?」

僕「そう思っているのはキミだよね」

「あーもううるさいなぁ。イライラしてごはんが食べられないからあっち行って。もういい。」

僕「一方的な押し付けしかなくて悲しくなるよ。子供2週間ぶりに会ったのに。なぁ」子供を抱き寄せる

「もういいからあっち行って鯉のぼり片付けてきてよ!」
 こうやって妻はいつも一方的に排除してくる。このせいで子供と殆ど触れ合えない。

僕「結局、邪魔者扱いか。悲しくなるよ」
 怒ったり怒鳴ったりしないための感情コントロールで精一杯。


受診して実況見分して帰ってくると焼肉の匂いが漂う

自分の分の夕飯は階段に置いてある

小さな黒糖ロール4つのみ。


一体どうしたらいいのかわからない。
状況は深刻だと思う。
20:49 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
スポンサーサイト
20:49 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする











05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--