ヒロの日記

備忘録
<< 腰痛の捉え方の変化 | TOP | 体位交換ベッド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
慢性腰痛の診療ガイドライン
 
 EBMにより、腰痛に対する従来の治療法が見直されている。
 その結果、厳密な科学的検証を経た認められている腰痛に対する治療法は、それほど多くないことが判明してきている。
 それを踏まえ、診療ガイドラインが発刊された。
 このガイドラインは60〜90%の患者さんに当てはまる原則をまとめた内容から構成されている。
 100%の患者さんに当てはまるわけではなく、60〜90%の患者さんに当てはまるに過ぎないということを念頭に置く必要があり、過大評価しないことも大切である。

慢性腰痛の診療ガイドライン

慢性腰痛とは12週またはそれ以上に腰痛が存在しているものである。

ヨーロッパのガイドラインによる診断に対する構想は、

1.患者の把握:経過と理学所見を把握する

2.画像検査:X線、CT、MRI、SPECT、椎間板造影、椎間関節や神経ブロックで人食い的慢性腰痛を診断することを勧めない。

3.筋電図検査:非特異的慢性腰痛の診断に筋電図検査を勧めない。

4.予後因子:労働や精神的悩み、うつ状態などの患者の背景を把握する。

治療に対する構想は

1.保存療法:認知行動療法、管理下の運動療法、教育的指導、腰痛学校、短期のマニピュレーションを行う。しかし、理学療法は勧めない(!?)。

2.薬物療法:非ステロイド性消炎鎮痛薬やオピオイドの短期間投与する。症状に応じて抗うつ薬、筋弛緩薬、湿布布を使用する。

3.侵襲的手技:鍼、ブロック(硬膜外、椎間間接内、神経)、トリガーポイント注射、椎間板焼扼、および脊髄刺激は勧めない。
非特異的慢性腰痛には手術は勧めない。

 以上のように構想が示されているが、コメントが添付されている。

 コメントの主な内容は、
 急性腰痛と比較して、慢性腰痛に対する診療ガイドラインは少ない。
 慢性腰痛は臨床的疾患や診断ではなく、多様な損傷、慢性度を持つ患者の1つの症状である。
 ほとんどの治療法は限定的な効果しかない。
 1つの治療法で効果のあるものはほとんどない。
 もっとも有効なのは治療や運動を推奨する認知行動療法である。

 
01:08 | 体幹について | comments(0) | - | pookmark
スポンサーサイト
01:08 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする











11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--