ヒロの日記

備忘録
<< 認知症 −より身近な人に対してより強い症状を見せる− | TOP | 認知症のケア −共にある− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
認知症 −頭はぼけても、感情だけは残像のように残る−
JUGEMテーマ:モチベーション
 

認知症の人は、自分が話したり、聞いたり、行動したことは、すぐに忘れてしまいます。

しかし、感情の世界は、一度目にした光景が残像のようにしっかりと残り、本人がその時いだいた感情は長期間続きます。

これを「感情残像の法則」といいます。

やっかいなのは、楽しい出来事はすぐ忘れても、嫌な思いをしたという感情だけはいつまでも残ることです。

気をつけたいのは、次のようなケースです。

家族は、例えばお年寄りが認知症になったと知ったとき、最初のうち「とまどい・否定」「混乱・怒り・拒絶」といった心理に陥ります。

そのため、少しでも認知症を軽くしたいと思い、お年寄りに対してイロイロ教え込もうとしたり、説明をしたり、注意したりしかったりします。

しかし、このような努力はほとんどの場合、功を奏しないばかりか、かえって症状を悪化させてしまいます。

たとえば、家族が「不潔にして病気になるといけないから、お風呂に入りましょう」とか

「寝たきりにならないよう、リハビリをしましょう」と呼びかけたとします。

しかし、どんなに優しく言っても、「うるさい」「余計なお世話だ」と怒り出すお年寄りが多いのは何故でしょうか。

家族は、お年寄りのためを思っていっているのに、なぜ怒るのかわからずにとまどいますが、

しかしお年寄りにしてみれば、自分が「不潔」とか「寝たきり」と言われたことのみが”嫌な感情”として残り、言った相手を、うるさい人、嫌なことを言う人、怖い人と捉えてしまうのです。

そのため介護はますます難しくなってしまいます。

認知症の人は、記憶などの知的機能の低下によって、一般常識が通用する”理性の世界”から出てしまって、”感情が支配する世界”に住んでいると考えれば、こうしたこともよく理解できます。

弱肉強食の世界にいる動物たちは、相手が敵か味方か、安心して気を許せる対象か否かを速やかに判断し、感情として表現します。

認知症の人も、実は同じような状況におかれているのです。安全で友好的な世界から抜け出てしまった認知症の人は、感情研ぎ澄まして生きざるを得ないのです

ただし、残るのは悪い感情ばかりではありません。「よい」感情も残るのです。ですから介護者は、お年寄りにはよい感情を残すように接することが大切です。

<対応のポイント>

認知症の人は、介護者の気持ちを映す鏡のような存在です。

つまり介護者がイライラして接すれば、お年寄りの気持ちも不安定になります。

逆にお年寄りの気持ちを理解し、認め、優しく接すれば、お年寄りのほうも症状が治まり、穏やかな表情になっていきます。

周囲の人は本人ができるだけ穏やかな気持ちになれるよう、心からの同情の気持ちで接することが必要です。

つまり、認知症の人を介護するときには「説得よりも同情」なのです。

そうはいっても、介護の毎日は大変です。いつもニコニコと親切に、良い顔ばかりできるわけがありません。

演技でもいいのです。

介護が大変な時期ほど、苦労を少しでも軽くしたいと思うなら、認知症の人によい感情を残すように暖かく接することがポイントです。

認知症の人によい感情を残すためのポイントは3つあります。

☆最初にほめたり感謝する言葉を

こんな例を見てみましょう。認知症のお年寄りが、まだ濡れている洗濯物を取り込んでしまったとします。

あなたならどう言いますか?

「まだ乾いていないのに、お母さん、どうして分からないの!余計なことをして」

でしょうか。それとも、

「まあ、お母さん。手伝ってくれてありがとう。後は私がやりますから、休んでいてください」

でしょうか。

言い方しだいで、その後の介護が難しくもなれば、楽にもなるのです。

☆同情や共感を示す

財布がなくなったと騒いだり、お前が盗んだと疑ったりする認知症の人には、まず、

「なくなったの?それは大変ね。困ったね」と相手に気持ちになって声をかけてあげます。

一緒に探してあげて、それが見つかったときは「良かったね」といえば、症状は次第に落ち着いてきます。

☆あやまる

ごめんなさい。今食事を用意していますからね」

ごめんね。オムツを取り替えましょうね」

お年寄りが不安に感じているときこそ、このように、先に謝りながらやれば、スムーズな対応ができます。

最初のうちは難しいかもしれませんが、

「どうもありがとう」「助かるわ」「それは大変ね」「それはよかったね」「ごめんなさい」といった言葉が

自然に出てくるようになれば、上手な介護ができているといえるでしょう。
22:49 | 高次脳機能 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
スポンサーサイト
22:49 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/181
トラックバック
2010/07/16 10:20 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--