ヒロの日記

備忘録
<< 腰痛と多裂筋 | TOP | 川平法の即時効果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
慢性腰痛への運動

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



TVを見ていると「新年あけましておめでとうございます」という言葉を見かけるのですが、
これは間違った日本語だそうです。

「新年」と「明けまして」は同じ意味だから重ねるとおかしいようです。
「濃霧が濃い」とか「過食が多い」と言っているようなものだそうです。




慢性腰痛の続きでです。

PLFテスト

側臥位で股関節45度屈曲した肢位が開始肢位となる。
上方の股関節を矢状面上に沿って他動的に屈曲し、抵抗なく大腿が胸部に接触できれば陰性とする。
胸部に接触しない場合は、その屈曲角度を計測し後湾域の指標とする。




吉尾らの遺体を用いた研究では
股関節固有の屈曲角度は平均93度であり、
参考可動域における30〜40度は骨盤運動によるものであるとの報告に基づいたもので、
腰椎の十分な後湾域が確保されて初めて本テストが陰性となる。

このPLFテストの結果は脊柱管狭窄症に伴う馬尾性間欠破行の歩行距離と相関があり、歩行能力の改善のためにはPLFテストの陰性化が重要との報告がある。
今後、腰椎椎間関節症などの評価としてもその有用性が期待される。






腰椎椎間関節に対する自動介助運動
(多裂筋収縮訓練)

椎間関節の自動介助運動は椎間間接の拘縮改善だけでなく、多裂筋のリラクセーションやストレッチングも平行して行うテクニックとなる。

基本的な操作は、骨盤ごと長軸方向に牽引し、その後多裂筋の収縮とともに骨盤を元の位置に戻す運動を反復する。
腰椎の前湾程度により椎間関節面の傾きは異なるため、各椎間それぞれに適切な腰椎前湾角を調節し牽引操作を加える。

具体的には腰椎椎間関節を上位、中位、下位に分け、
上位腰椎には股関節屈曲度、
中位腰椎は股関節屈曲45度、
下位腰椎は股関節屈曲90度として行う。

効果的な多裂筋の収縮が得られれば、牽引に伴う運動幅が広がってくる。

コツとしては、
牽引後の運動を途中でやめることなく、最終域まで多裂筋の収縮を誘導すると効率よい筋リラクセーションが得られ、早期の拘縮改善につながる。





症例
30歳代後半、女性、主婦。
20年前から続く慢性腰痛。

初期評価
 ・椎間関節の圧痛:
   左側は第12胸椎第1腰椎椎間〜第4腰椎第5腰椎間にかけて、
   右側は第3腰椎第4腰椎間  〜第5腰椎仙椎間に陽性。
 ・PLFテスト陽性
 ・多裂筋全体に圧痛あり
 ・X線所見は腰椎前湾角5度、第5腰椎仙骨角144度
 ・トーマステスト、オーバーテスト陽性
 ・VAS5.0cm

運動療法経過

運動療法開始当日
 ‖仁筋のリラクセーション
 腸腰筋、大腿筋膜張筋のストレッチング

開始後2週
 椎間関節の圧痛は左側第4腰椎第5腰椎間、
             右側は4腰椎第5腰椎間、第5腰椎仙椎間のみ陽性
 B仁筋のストレッチングと椎間関節の拘縮除去
 じ坿慇甼筋群のセルフストレッチング指導

開始後4週
 椎間関節の圧痛は右第4腰椎第5腰椎間のみ残存
 ヂ臑楸數貭ザ據大殿筋のセルフストレッチング指導

開始後7週
 股関節屈筋群の拘縮の陰性化

開始後10週
 PLFテスト陰性化、腰痛の完全な消失

19:02 | 体幹について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
19:02 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/148
トラックバック

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--