ヒロの日記

備忘録
<< 川平法の動画が復活 | TOP | 慢性腰痛への運動 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
腰痛と多裂筋
 



腰椎椎間関節に起因する腰痛は非常に多く、脊髄神経後枝内側枝を介した多裂筋の反射性スパズムを呈している場合が多い。





多裂筋はではこんな感じ。


ではこんな感じ

腰の方が発達しています。
離れて撮ったのでちょっと差がわかりにくいですけども、写真の文字は同じ大きさです

この腰部の多裂筋に着目します。

腰部多裂筋の起始は、
 ‖4仙骨孔までの仙骨後面
 ⊂絽緜温棘
 8綫臘介彗
 ち瓦討瞭様突起および腰椎椎間関節包
の4つである。

その走行形態は椎間を結ぶ短い線維群と多椎間にわたり停止する長い線維群に大別される。

短い線維群は椎間関節の関節包や一椎間下の乳様突起に付着することから、椎間関節の安定性に関与する。

長い線維群は、仙骨に付着することから腰仙関節や仙腸関節の安定性に関与すると考えられる。

また多裂筋は下位腰椎で特に発達している
中位腰椎レベルでの多裂筋と脊柱起立筋との割合は1:1であるが、
下位腰椎レベルでは80%をしめている。


これが上位腰椎での多裂筋の横断面


これが下位腰椎



多裂筋は椎間関節を支配する脊髄神経後枝内側枝によって併せて支配されており、椎間関節に生じた侵害刺激は反射回路を介して、同レベルの多裂筋のスパズムを引き起こすことが多い。


後枝の内側枝ね。




腰椎椎間関節は上位椎の下関節突起と下位椎の上関節突起からなる滑膜性関節である。

機能面では圧縮荷重負荷を加えた場合、全荷重の20%程度の荷重を担うことが報告されている。

腰椎椎間関節の形態的特徴は下位腰椎ほど面積が広く、関節面は、上方・後方を向く。
ただし、関節面の形状には個体差が多く存在するために、関節面が平らなものからある程度のカーブを有するものまで様々である。
腰椎の形態的特徴が、腰椎変性すべり症や分離症の発生に関与するとの報告もある。

腰椎椎間関節の関節面は全体に円筒状であり、そこで生じる運動は互いに滑りあうだけである

円筒の湾曲を延長した縁の中心点に回旋中心が一致すれば、理論的には回旋運動が生じるが、
実際の回旋中心は椎体のやや後方にあるため、腰椎は解剖学的に回旋運動が著しく制限されることになる。


椎間関節の形態学的検討はほとんど骨性要素に関するものであるが、脊椎の屈曲運動における椎間関節の関節包靱帯(Capsular ligament)が果たす役割について報告されている。
椎間関節包の50%を切離すると、同関節に異常可動性をもたらすとする報告や、
椎間板変性が著しい場合には、椎間関節包が弛緩し不安定性が増大するとする報告もある。





14:33 | 体幹について | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark
スポンサーサイト
14:33 | - | - | - | pookmark
コメント
すごく勉強になりました。
こういう解剖学的知識って臨床で最も必要な
知識という印象です。
ありがとうございました。
2009/01/05 11:32 AM by futebolista
そうですよね

基本って大切ですよね

まだまだですが、頑張ります
2009/01/07 12:10 AM by MTひろ
PTです。ありがとうございます。わかりやすいです。
同ズイセツレベルですか。
2010/07/28 10:51 PM by kjr
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/147
トラックバック
2010/03/02 3:13 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--