ヒロの日記

備忘録
<< 「患者」という言葉 | TOP | 失敗学(図解雑学) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
棘上筋の脆弱性

過剰な磨耗に対する棘上筋の脆弱性

 棘上筋はおそらく肩複合体全体でもっとも頻繁に使用される筋かもしれない。
 外転の際の三角筋の補助という役割に加えて、この筋は肩甲上腕関節の動的安定性、また時として静的安定性にも関与している。
 バイオメカニクス的に棘上筋はごく普通の日常活動に対して出すら大きな内圧力の標的となっている。

 棘上筋における肩外転時の内的モーメント・アーム2.5cmである。
 そのため、手が肩甲上腕関節から50cm遠位にあってその負荷が支持されていると仮定すると、その際の力学的有利性は1:20となる
 (筋の内的モーメント・アームの負荷による外的モーメントアームに対する比率
  力学的有利性というよりも、むしろ、力学的不利性w)
 この1:20という力学的有利性は棘上筋が重量負荷の20倍もの大きな力で働く必要があるということを意味している。
 (棘上筋以外の三角筋や棘下筋、小円筋などのほかの要素を除外したときの話だけどね。
  重いものを持ったときの棘上筋は、キッツイことになっているんだと思う。

 何年もの間にわたって作り出されるこれらの大きな力により、関節包と上腕骨へ付着するこの筋の腱は部分的に断裂をきたすかもしれない。
 幸いなことにこの要求される大きな力を三角筋中部線維が分担するが、それにもかかわらず棘上筋は常に力にさらされる。

 棘上筋の部分断裂をきたした人が物を持つときには、それを出来るだけ身体に近づけて保持することをアドバイスする。こうすれば筋への負担は最小限となる。

 棘上筋への過剰な磨耗は肩板を構成するほかの筋の過剰な磨耗と関連している。
 このより一般的な状態は「肩板症候群」と呼ばれる。 
 本症候群の症状として
  
  肩板構成筋腱の部分的断裂
  関節包の炎症・癒着
  滑液包炎
  疼痛
  肩全体の脱力感

 が含まれる。
 棘上筋腱はその血行支配に加齢変化が加われば特に変性にさらされやすくなる
 肩板症候群の重症度いかんで肩甲上腕関節での関節包内運動は完全に阻害され非可動状態に陥る。
 この強く障害に陥った状態は「凍結肩」と称される。

22:14 | 肩関節について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
22:14 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/134
トラックバック

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--