ヒロの日記

備忘録
<< 求心性神経の中枢での結合様式、筋紡錘の機能 | TOP | ガンマ遠心性神経の制御 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
ガンマ遠心性活動の効果
 

γ遠心性活動の効果

  γ遠心系の刺激の効果は、錘外筋を支配する運動神経の刺激によって生じる効果と非常に異なる。γ遠心系の刺激は検地できるような筋肉の収縮を直接引き起こすことはない。というのは錘内筋の収縮は筋全体の収縮を引き起こすほど強くもないし、錘外筋に比べて数も多くないからである。ところが、γ遠心系の刺激は錘内筋の収縮可能な両端部を収縮させるので、結果として筋紡錘の核袋部を引き伸ばし、一次終末の変形が生じ、a神経線維に活動電位を発生させる。そして、これによって筋肉の反射性収縮が起きる。つまり、筋肉の収縮は錘外筋を支配するα運動ニューロンの刺激でも起きるし、伸張反射を介して間接的に収縮を引き起こすγ遠心性ニューロンの刺激でも起きる。

  γ遠心性活動が上昇すると錘外筋よりも錘内筋が短くなる。もしγ遠心性神経を刺激している間に筋肉全体が引き伸ばされると核袋部がさらに引き伸ばされて活動電位を発生させるため、a神経線維での発射頻度がさらに上昇する。

このようにγ遠心性神経での活動が上昇すると筋紡錘の感度を高めるので、筋の伸張に対する筋紡錘の感度はγ遠心性神経の発射頻度によって調節されている。

  α運動ニューロンの活動が増加するにつれて、γ遠心性活動が増加するという数多くの証拠がある。このα−γ関連 α―γ linkageのおかげで筋肉が収縮するとともに筋紡錘の長さも短くなり、筋肉が収縮している間も筋紡錘が継続して反応できる状態になる。

このようにして、筋収縮の間でも筋紡錘は筋の伸張に反応することができ、運動ニューロンの活動を反射的に調節できるのである。

動的、静的なγ及びβ遠心性神経があることは先に述べた。動的遠心性神経を刺激すると伸張の早さに対する筋紡錘の感度を上げる。静的遠心性神経を刺激すると、一定の持続的な伸張に対する筋紡錘の感度を上昇させる。このようにして一過性、あるいは持続的な事象に対する筋紡錘の反応を別個に調節できる。

22:47 | 反射について | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
22:47 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otmtyt.jugem.cc/trackback/104
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--