ヒロの日記

備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
錐体路徴候
 

錐体路徴候

 従来、錐体路徴候は

  1筋萎縮を伴わない痙性麻痺、

2腱反射亢進、

3バビンスキー反射の出現、

(4腹壁反射の消失)

 の4つがあげられている。しかし、錐体外路傷害の関与が著しいことが指摘されている。

 今日でも錐体路徴候という言葉は臨床的に甚だ便利なので用いられているが、それは障害が上位運動ニューロンにあることを示しているものと理解しておけばよい

 

上位運動ニューロン

  痙性麻痺spastic paralysisと伸張反射の亢進とがあって筋萎縮の見られない症候群は“上位運動ニューロン”(脳および脊髄にあって下位運動ニューロンを活動させるニューロン)の破壊によるといわれている。しかし、“上位運動ニューロン”には考慮すべき3種類の型がある。すなわち、姿勢調節の経路の多くのものでは、損傷されると痙性麻痺が起こるが、皮質脊髄路ならびに皮質延髄路に限局した損傷では(完全)麻痺Paralysisよりはむしろ筋力の低下(不全麻痺Paresis)が起こり、影響を受ける筋では一般に緊張が低下する。小脳損傷では協調不能を引き起こす。したがって、ただ単に上位運動ニューロンというだけでは混乱を招くことになる。

 

下位運動ニューロン

  下位運動ニューロン(筋を直接支配している脊髄運動ニューロンと脳神経運動ニューロン)を損傷すると、弛緩性麻痺Flaccid paralysis、筋萎縮、反射消失などの症状をきたす。

 

21:12 | 筋緊張について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
錐体路、錐体外路という用語
 

錐体路、錐体外路という用語

   外側皮質脊髄路の線維は延髄で錐体を形成するので、この皮質脊髄経路は錐体路系と呼ばれることがよくある。脳幹および脊髄への下降路の残りのものは錐体を通らず、姿勢制御に関与し、錐体外路系と呼ばれてきた。しかし、前皮質脊髄路は錐体を通過しないし(通過するものもある)、多数の錐体路線維は他の機能に関与している。また、錐体外路系と呼ばれてきた系は、多機能に関与する多くの異なった経路から成り立っている。したがって、錐体路および錐体外路という用語は誤解を生むものであり、これらの用語は廃止した方がよいだろう。

21:10 | 筋緊張について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
錐体外路とは
 

錐体外路とは
  脊髄に向かって大脳皮質から下降する運動経路のうち、延髄錐体を通過する経路を錐体路というのに対し、それ以外の下降性運動経路を錐体外路という。

大脳皮質から尾状核、淡蒼球などの基底核へ、基底核から中脳の赤核・網様体・前庭神経核などへとつながり、さらに中脳の諸核からは脊髄へと運動経路が下降する。これらの下降性経路と共に起始核をもまとめていうため、錐体外路系という言葉も用いられる。

錐体外路系の障害によって、不随意性の運動が自発するようになると共に、随意運動も巧みに行われにくくなる。

21:07 | 筋緊張について | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--