ヒロの日記

備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
ニート専門機関に行ってきました
平日休みを利用して、父と一緒にNPOのニート専門機関に行ってきました。

そこにはニートの方々が働くための喫茶店、料理屋、雑貨屋、デイサービス、IT事業部、何でも屋が並んでいます。その近くに寮もあります。80人ほどが入寮しています。週3回鍋パーティ(飲み会)があります。寮生活を通して人との交流をもって、ニート流の生き方を見つけていこうという場です。

ここは訪問活動をしています。ニートの対象者に手紙を書いて、電話をして、会って、一緒に映画見たり、散歩したり、ゲームしたり、専門機関を紹介したりという内容です。

ほぼ家の外に出ない兄の状態を考えて、この訪問活動を利用したいと考えています。

しかしねぇ、NPO法人っていう割にはカネがかかるんだぁ・・・

父と一緒に見学会に参加するだけで15,000円かかってます。利用するための面接をするのには、1ヶ月以上待たされる上に30,000円かかります。そうしてやっと利用料がいくらになるのかがわかります。利用料は家族の所得によって違い、交渉があるようです。

ただ、訪問活動の利用料の平均は3ヶ月で30万。1年利用したら120万円ですか!!入寮したらもっとかかるそうです。

利用を開始したところで、兄は訪問活動を拒むでしょう。しかし、訪問スタッフは「9割は拒否から始まる。そこからあらゆる手を使う」と、慣れっこのようです。おそらく兄は、「何であんなやつ呼ぶんだよ。」と怒って荒れるでしょう。また物に当り散らすでしょう。自分は離れて1人暮らししてるから良いものの、両親は辛い思いをするでしょう。

両親との話し合いで利用するかどうか決める予定です。
23:22 | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
NANAを観てきました
今日は休日。友人のところへいつものように高速道路に乗って遊びに行きました。

友人の家の中に入ると、眠気で生気の抜けた表情でマージャン牌をジャラジャラと混ぜていました。前日、職場の人と朝まで飲んで帰ってきてから昼間の12時までマージャンしていたようです。そら眠いわ。

自分の車でメシを食いに移動。友人はすぐにバクスイでした。笑

今日は映画のNANAを観ました。今月始めぐらいに漫画のNANAを全部読んでいました。自分としてはねぇ、1巻が深みがあっていいと思うんだよなぁ。

NANA二人とも彼氏が上京。本当は一緒についていきたいんだけど、それじゃ自分がだめになる。もっと自分が大人としてレベルアップするために、彼氏と離れる道を選ぶ。なかなかできないですよ〜。この辺に深みがあると思うんですよね。

そのお話は映画の中にはまったく含まれていませんでした。悲し。

映画はねぇ、うーん、中途半端だったかなぁ。笑

以下、NANAのネタばれが軽くありますんで、知りたくない人は読まないでくださいね。

中島みかが章司や宮崎あおいにむかって切れるシーンとかは、原作の特徴的なところがうまく表現されてて良かったです。あと宮崎あおいが結構かわいいのも良かったです。

でも、時間の都合ですかねぇ。宮崎あおいとタクミが初対面したところで終わっちゃうのは嫌でしたねー。ブラストを成功させるために中島みかは上京してきてるんだから、デビューのところまでやって欲しかったなぁ。

あとNANAって愛憎劇がたくさんあるじゃないですか笑。シンとかノブとか。シンなんかほとんどセリフなかったでしょ?笑。まぁ、NANAの二人に時間を割かなきゃいけないから仕方ないんでしょうね。

原作を2時間の映画にまとめたっていう意味ではなかなかのものだったんじゃないですかね♪キャストは軽く似てないけど笑。まぁ演技頑張ってるからそれも良いでしょう☆
00:39 | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
運動レク、実行
11月に3回、利用者さんの運動会を予定しています。その種目を職員がそれぞれ考えて、以前にプレゼンテーションしました。自分の種目は飛行機飛ばし競争。

紙飛行機を折ってできるだけ遠くへ飛ばす。飛距離に応じて点数が入る。

単純でしょ?単純だから認知症の高齢者にわかりやすいのさ。

今日はその予行練習をする日。毎日行ってる運動レクで飛行機飛ばし競争を実行しました。

上司から「ん〜これは使えないな、っと思ったらボツにするからね〜」って言われてます。あら〜失敗できないじゃん。

午前の作業療法の時間(40分ぐらい)にまず紙飛行機作りから始めます。これが意外にできないのね。「目が見えなーい」「まっすぐ折れなーい」「疲れたー」。あれぇ、紙飛行機折るのってそんなに難しい作業だったのね。結果は利用者さん4人で36機折れました。どうもありがとうございました。

ということで、昼休みに自分は一人で紙飛行機を黙々と折っています。笑

今月から異動でウチの部署に入った女の子の新人と二人で同じテーブルにいました。この子が感じ悪いんだなー。腕を組んでそっぽを向いたまま無表情。そんなんでいいのかねぇ。僕はなーんにも悪いことしてないんだけどねー。

さて、午後になって実行です。緊張しましたねー。利用者さんの移動に手間取って、重度の利用者さんに「おいおーい!段取りわりーなー!」なんて野次が飛びました。

でも大きい声だけは出るので、「では皆さん投げてくださーい!よいしょーー!!」って盛り上げました。あの時の利用者さんの動きっぷりはよかったです。

終了後、いろんな感想が聞けました。

「子供の頃にね、紙飛行機折ってよく飛ばしたんだよ。懐かしいなぁ」
「だんだん、ピューンって飛ぶようになって良かったよー」
「飛行機はね、男の遊びだよー私たちはやんなかったし力がないからねー残念」
「うまく飛ばなかったからねー」

そして、上司いわく、

「まぁ、いいんじゃない♪」

準備、段取り、説明に改善点も見つかったことだし、次はもっと良いものができそうです。まぁ、無事に済んでよかった♪
22:43 | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--