ヒロの日記

備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
妻の母が突然怒鳴る

階段の1段目を掃除をしていたら突然妻の母が怒鳴り込んできた

「あなたが掃除するのは階段から上!ウチらは1階!何度言ったらわかるの!!」

 

さっぱり意味がわからない

階段の1段目を掃除することに一体何の間違いがあるのか

そもそも1階も掃除したらこれは喜ばしいことなんじゃないか

怒鳴られるようなことを僕はしていないし、怒鳴る方がおかしい。

 

全く意味不明なキレるポイントばかりのおかしい義母はホント嫌だ

 

仏壇の「チーン」ってやつを持ち出してぶっ叩きまくってお経をを唱える

呪いの儀式をする人はホント嫌だ

 

その嫌がらせを僕の子供に教え込む人はホント嫌だ

 

パイプを振りかざして襲いかかってくる人はホント嫌だ

あの時は警察を呼んだ

 

早く出ていってほしい

12:08 | - | comments(0) | - | pookmark
ウォーターサーバーの説明を聞いて
近所のショッピングモールで買い物

妻と妻の母が食品を買っている時は、子供が動き回って商品に指で穴を開けてしまったりするので、僕が他の場所に移してみている。
2階の電車の絵がある場所は子供がよろこぶ場所の一つ。「ダメ」って言わなきゃいけない要素が少ない環境。
そこでしばらくみた後、買い物終了の電話。

エスカレーターの下だと言われて行ってみると、ウォーターサーバーのブースで説明を聞いていた様子。
妻「ウォーターサーバーの説明を聞いて」
僕「ん?どういうこと?」
妻「いや、下の子(お腹の中)のミルク作るのに便利かなぁって」

聞いてと言われたのでとりあえず聞く。そう言うってことは妻としては欲しいんだろうなぁと。
詳細な説明をされたあとに、月々3800円と。
説明が始まると程なくして妻はその場を離れて10mぐらい先のソファに座った。
説明をこの場で聞いたのは僕一人。
 毎月の収支がどうなっているかわからないし、赤字ばっかりだったし、子供がもう一人生まれてくるにあたって必要な車の予算ないし。
 この状況で買えるかどうか僕に判断ができるはずない。



 車について
僕と妻と息子2歳半と妻の母の4人暮らし
家族移動用に使っているVitzだと、大人3人とチャイルドシート一つで一杯一杯。妻も妻の母も肥満だし。
2人目が生まれてきてもう一つチャイルドシート、ってなると今の車じゃ無理。新しいものが必要。
本当は200万のセレナが欲しいって妻は言っていて、無理だから100万ぐらいのものにしようってなって、更に貯金がなくて仕方なく60万のもの。毎月赤字なのにローンを組むとか言うし破産しちゃいそうだ。

2014年(H26)11月、毎月1回以上、経済状況を共有する話し合いをすることを妻は約束した。
やらなかったら、離れた駐車場に僕が停めているこの設定をなしにする。

2015年(H27)2月ぐらいまでは夫婦仲の調子がいい方だった。
3月初めに不妊治療で二人目の子供が出来たことがわかった
ここからが良くない。

4月の月初めに、今月の話し合いはいつやるか尋ねると「来月にしましょう」と。
約束したのだからやるようにしてほしいのだが
「自分勝手な言動ストレス溜まります」
「流産したくないです」
と平気で約束を破って謝りもしない。
それ以来、話し合いはいつやるか尋ねても完全無視。「ないこと」になっている。

月にいくら収入があるのか?
何にお金を使っているのか?
知らせるように求めているのに無視。隠している状態。



そんな状態で「ウォーターサーバーの説明を聞いて」って言い残して離れてしまう。
あったらあったで便利かもしれないけれども、
置き場所はどうするのか?支払いはできるのか?全くわからない

僕「判断できないよ」
妻「最初から買う気がないなら説明を途中で切り上げてきなよ!」

は?
説明を聞いてって言ったのは誰ですか?
約束を平気で破って収支を隠しているのは誰ですか?
罠にハメられた気分。どうやったって避けられないもの。
離れるのではなく、買うための条件をどう考えているのか、僕に伝えているのなら違っていたかもしれないけれども、
説明を聞け→ダメ→怒る これじゃあただの子供だよ。

妻の母まで文句を言う
「買う気がないんなら説明なんて聞かなきゃいいでしょ!売る方にも失礼だよ!もう14時にもなって子供がお腹を空かせているのに!」
五月蝿い
最初から説明なんて聞かせなければもっと早く帰れるし、ダラダラ1時間以上スーパーで買い物しなければもっと早く帰れた。
この人も、元々していた約束を兵器で破っていたことが「ないこと」になっているから困りものだ。
高齢者で柔軟性がなく短気。元々妻の兄と同居していたが、追い出された。
この人と同居するっていう人生の選択は間違っていたと思う。

妻は何度もため息つくし、
家族で昼食を摂ろうとしても、「あなたは2階で食べて」っていうし
夕飯の時間になっても「お腹が張っていて早く寝たいから2階で食べて」って
ちょっとでも気に食わないことがあるとすぐてきとうな理由をつけて排除する。



この状況、もう3人目は作れないって思う
20:56 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
行き先を隠す

昨日6月18日(水)に仕事から帰ってきたら、家族が誰もいない。
子供もいない
20:52分にいつものように「帰ります」と妻にメールしたが返事もない

出かけるという連絡は聞いていない

とても心配になった。

21:08「どこに行っていますか?」と妻にメールした。結局、どこに行ったかはわからない。

21:20分ごろに妻と子供と妻の母と3人とも帰ってきた。

子供がなんだか泣き声のような声を上げていた。

行き先は隠したまま、返事はなかった。


翌朝6月19日(木)、7:46妻からメール
 「大学病院に行ってきます。缶等のゴミしてお願いします。ご飯あるので、納豆などで食べてください」
昨日の夜「どこに行っていますか?」は無視したまま。
そもそも、この日は9:30から妻の母の呼吸器内科の予約をしているから、
8:30にいつものように僕が妻の母を連れていく予定だった。
特に呼吸器内科の場合は妻が「感染症にかかっている人が多いから子供を連れて行ったら移っちゃう」というので僕が連れて行っていたのだが、子供を連れて行くのは謎。
7:46に既に外出したあとにメールが来た。
僕への事前連絡や選択権はない。

11:09妻から「今から帰ります」とメール
実際に帰ってきたのは12:30過ぎ。13:00前
スーパーに買い物に行ったっぽいが、大分時間が空いたので心配になる。
そのことを伝えても喧嘩になるので言えない。


6月12日(木)はひどい目にあった。
お金のことで喧嘩。
認識の相違はあったし、自分に非もあったので謝りのメールもした。
妻の謝罪メールはなし。
自分が抱いている子供を奪って自分ひとりを置いて
子供の受診に行って、夕方まで帰ってこないって。
妻の母も妻に加勢して怒鳴り声を上げて僕を罵倒する。
ちょっとでも言うことを聞かないと、なんとしてでも押し付けてくる。
「イライラするからついてこないで」「あなたが一緒にいるとイライラして交通事故に遭うでしょ!」
僕が子供と一緒にいたいという思いは、妻と妻の母の一方的な押し付けによって剥奪された。
僕に対する精神的虐待、モラルハラスメントだと感じた。
整形外科や歯科などに行って帰ってきて19時ぐらい。
家の中に入ると、すでに真っ暗だが子供の声が聞こえる。
子供の顔が見たかったが、寝かせようとしているのかと思って、いつものように2Fの自分の部屋に行く。
するとまもなくして子供と妻と妻の母の「わー☆」「ベロベロバー♪」と楽しそうな声が聞こえてくる。
寝かせるフリして僕が子供のいるリビングに入らないようにしたらしい。



6月19日(木)午後から寿司屋で外食。
車の中での会話はほとんどない。妻も話さないし、そういう態度だと自分も話せない。
最低限の状況の共有はしなきゃいけない。
来週歯医者。
来月、親知らずを抜くように歯医者から言われたと僕は妻に伝える。
すると妻「お金の話はしたくないけれども、いくらかかるかは聞いたほうがいいと思う」
僕「4000〜5000円程度だよ」と伝える。予め聞いてある。

お金の話はしたくない、と言われた。

子供のためには、協力する必要がある。
よりよく暮らす・育てる目的に向かって状況を共有する必要がある。
法律上も夫婦には協力の義務がある
自分の交通事故後の慰謝料が保険会社から入る。
その僕の取り分について「半分でどう?」と言ったら
妻は「1/3だな」と言った。交渉は決裂。
どちらかに決定していないので非常に気持ち悪い。
後々の喧嘩の原因にもなる。解消したいのだが、
お金の話はしたくないと言われてしまったら、いうことはできない。

そもそもそれより数ヶ月も前から、
家計のお金の流れを僕に伝えるように言っているが、一向に伝えてこない。
今、いくら貯まっているのか?
今後、何に費用がかかるのか?
それに向けてどのくらい貯めていくのか? これを伝えるように言っているのだが
「余裕のあるときね」等と言い訳して結局1度も伝えてこない。

本当は普段、何にいくらつかっているのか知りたい
法律上も夫婦協力の義務があるし、僕だけが経済状況を聞いても知らされないのは違う。
けど、もう妻は億劫すぎて言えない言いたくない状態に来てしまっている様子。

この悪循環が更なる喧嘩の原因になるのに。今の状況ではどうしようもない。

15時過ぎぐらいに家に帰ってきた。
妻「子供が眠たそうだから、行っていいよ」と。
寝かしつけるのにあなたがいると邪魔で寝られないから行ってくれという意味。
なぜなら、”俺も一緒にいるよ”等というと「子供が寝られないでしょ!」と妻が怒るから。
「子供が起きたら俺のことを呼んでくれ」と妻に伝えて去った。妻は「うん」と返事をした。しかし伝えてくることはなかった。

すごい疲労感。休息を取らざるを得なくなって2Fの自分の部屋の布団に横になる。
気がつくと19時を回っていた。

子供の声が1Fから聞こえてくる。
階段に自分の分の料理を置く音が聞こえた。
子供が起きたら呼んでくれ、ということを妻はすることはなかった。
20:05妻からメール「ご飯階段に置いてあります」
20:08妻へ「一緒に食べたかったです」

そしてその夜またしても一方的な押しつけが。

21:07妻へメール
 「昨日の夜はどこへ行っていましたか?」これを聞くのは昨日の夜に1回と、本日1回。
 「本当は話し合えればよかったんですが…慰謝料(保険金)の俺の取り分は1/3でお願いします」
 当初は僕が1/2と主張していたのを妥協して1/3にして、妻の望まないお金の話を早く終わりにしてあげたかったのだが、完全に裏目に出た
21:20妻からメール
 「いつも接骨院や整形外科に行く時は、受診料払っていますか?」
21:21妻へ
 「払っていません」 
21:25妻から
 「受診料払っているなら、その分渡そうと思っていましたが…家計のお金で保険料払っているので、全額貯金させていただきます」
21:39妻へ
 「1/3にした方が家計に入る貯金が増えるよ。詳しい話をしなきゃいけないのでこちら(2F)に来てください」
21:48妻から
 「子供がいるので行けません。研修の参加費(僕の小遣いの使い道)は自分でお願いします。私はあなたより少ないお小遣いから英語教室代や教材費を出しています」
21:54妻へ
 「小遣いの話ではなく家計の話です。もう2万円程度増えそうなんで協力してほしいです」

22:39妻から

 「給料が増えるのですか?」

22:52妻へ

 「給料じゃないよ。保険金から家計に入る分のこと。 状況を伝えなきゃいけないのでこちらに来てほしいです」

23:10妻から

 「行けません。2万円増えたとしても、貯金したいと思います。自分のお小遣いでやりくりしてください」

23:19妻へ

 「もう話し合う気もないということですね?昨日の夜はどこに行っていましたか?」

その後、返事はなし。



以前は妻の方から1/3と言っていたのが、全額ナシで押しつけられています
どこに行ったかは答えません
 

15:51 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
修理代いくらか教えてください。
車の修理が終わった。
¥76,000

任意保険会社から入ってくる予定の見舞金¥100,000を下回った。

事故の翌日
「修理代がかかるんだからあなたも来月から1万円小遣い減らして!」
と言っていた妻。

修理代がかかるのは¥100,000を上回ることが前提。
上回ると思い込んで決めつけて、人の体の心配もろくにせず責め立てた。
しかし、それは間違いであることがこの段階でハッキリした。

自省する様子は見られない
むしろ、悪いことをしたなんて感覚はないんだろう。確かめればすぐわかること。

「修理が終わりました。クレジットカードで支払いました」と妻にメールを送る

思惑通り、すぐに返信が来た

「修理代いくらか教えてください」

「¥76,000」すぐ返した

その後、なんの返事もなし。
23:00 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
食べるの遅いから2Fで食べて
JUGEMテーマ:離婚


昼間はメールで言われた通り
庭の草取りと掃除をしてシャワーを浴びた

妻の母とは普通に話せて、
治療が必要で整体にも行こうと思っていると行ったら
妻の母が行っている整体は腕が良いと場所を教えてくれたりした

妻が腰が悪いと。
17日㈯に英語教室に行って子供を抱えて抱き上げる際に腰の強い痛みが起こったらしく、
整形外科にかかった。
こういうことはよく起こりうるから気をつけて(?)と言われたと。
帰ってきたら妻の母にちょっと子供を見てもらって
そのうちに僕が妻の、腰周りの骨格調整、マッサージのようなものをやることを申し合わせていた。
それもまた、妻の一方的な押しつけで実現不可能になってしまったのだが・・・

夕方、妻の母が保育園に子供を迎えに行って
その後、いつもの広い公園で子供と遊ぶ

変形性膝関節症の妻の母は走れない。
走り回る子供についていけないので、ずっと手を引っ張っていなきゃいけない
子供は握った手をすぐ払い除けて話そうとする
制限を嫌い、自由に走り回りたい。それがうまくいかないとすぐ癇癪起こして泣く。

子供と広い芝生や土手を走り回る。
子供と会って走り回って遊ぶのは、実に3週間ぶり。
この前、2週間ぶりに顔を合わせてだっこをしたが、
不機嫌になって怒る妻に、すぐあっち行ってと言われてしまい、
殆どあったうちに入らない状態だった。

笑顔で両手を挙げてこちらに来る子供。
本当にかわいくて愛しくてしょうがない
階段は手放しで上がれるようになった
降りるのはまだつかまる必要がある。ふらついたり下を見ないで両足を滑らせたりするから。
でもドンドン成長している我が子が嬉しい。
こんな時間がいつまでも続くよう願ってやまない。

18時半頃、妻が仕事から帰ってきた。
事前連絡はない。

先月、仕事から帰ってくる前に必ず連絡をするように言っておいた。
そのタイミングで、食事が先か子供の風呂が先かが変わってくるから。
妻が妻の母に電話して出ないことがあった。それを言い訳に連絡しなかった。
そういう時は、家の電話にかけるように伝えて、了承していた。
なのに平気で約束を破っている。
僕は毎日、仕事から帰る前だけでなく、自分の実家に行く時でさえ連絡しているのに。
こういうのんもすぐ喧嘩になるので然るべきタイミングで言わなければならない。

とりあえず風呂になった。
先に妻の母と子供と妻が入る
19時過ぎ頃僕が入る
出ると20時前。

台所に行くと
妻「食事は階段に置いておいたよ」
いつも僕が帰ってくるのが遅いので階段に食事を置いてある
しかし、今日は休み。なぜ家族一緒ではなく僕一人だけ別にならなければならないのか意味がわからない
僕「なんで?一緒に食べたいんだけど」
妻「だって食べるの遅いじゃん。子供が興奮しちゃう」
僕「居たって居なくなっていつも興奮してるじゃん」
妻「えー(´д`)、それだってちょっと違うよねぇ」
妻の母「うーん」否定しない
僕「いいじゃんよ。ここで食べたい」
妻「だって子供を早く寝かせたいもん。食べるの遅いじゃん」
僕「何時に寝るの?」
妻「いつも早く寝かせたいと思っているもん。ねぇ」
妻の母「うん」

18:50の時点でこう言う妻。この日は21:30過ぎても子供は寝ていない。
なのにこの調子だから2Fに行くしかないし一緒にいられないし、会話もない。

僕がいると興奮する?否。いなくても興奮して声を上げるし、寝ないこともしばしばある。
僕がいるから寝ないということはないのに、
妻の裏の感情としては一緒にいたくないからてきとうな理由をつけて排除する。

やりきれない
怒りと悲しみがこみ上げてくる
子供の父親である。
働いて稼いでいる。
なぜ虐げる?
なぜ優しさがない?
いくら考えてもわかりません。
確かめる手段もありません。
21:18 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
小遣いは減らしてください。子供の送り迎えはしないでください。
JUGEMテーマ:夫婦喧嘩

いろいろ思うところがあって、夫の立場から日常を記録してみることにした



昨日交通事故にあった。

今日頚椎捻挫、右第2指刺創と診断された

妻の優しさが感じられなくて、信頼できない


昨日、事故に遭って気が動転して、とりあえず警察と保険会社に電話したあとに妻に電話

妻「えー(´д`) とりあえず保険会社に電話しなよ」

警察に質問攻めにされ、保険会社からしつこく電話が鳴り響く中、妻は来てくれた。これはありがたかった。

僕は「ありがとう。心配かけてごめんね」と言うが

妻は不機嫌そうな表情で「もっと気をつけて運転しなよ」と。

警察の現場検証の間に僕「明日の予定は?何時に起きたらいい?」と聞く

起きる時間を予め知らせていなくても、私たちの望む時間までに確り起きて活動して当たり前と言われているから。

でも妻は答えない

「明日のことはまた考えるから、いい」「ゆっくりしていればいい」知らなくてもよいと。

警察が帰ってこれからレッカー業者に電話するという時に

妻「えー(´д`) これから?遅い」

明らかに早く家に帰りたがっている

気が動転して錯乱状態の僕の心理状態はどうでも良いいんだな、と感じてしまう

しょうがないから僕「帰っていいよ」

妻「子供が泣いているから帰るね」

ん?子供は妻の母に任せて外に出てきているのに、なぜ今子供が泣いているってわかるの?

事実確認は不可能なあたり、帰るのに都合のよい理由を作って言ったのだろうな。

妻は車で帰ったが、僕はレッカー車を1時間以上待って雨が降ってきた後に歩いて帰ったよ。

ただいま、なんてもちろんない。

翌日。本日の朝。玄関のドアの鍵を開け閉めする電子音で目覚めた。

8時前くらいに妻と子供と妻の母の3人で出かけた。

僕には何も言わず何も伝えず。

8:35 妻からメール「ごみ捨てお願いします。

「ゆっくり休んでいれば良い」と本当に思っているなら、こういう時ぐらい妻が捨てようとするだろう

自分たちだけ何も言わず出かけて、ゴミ捨てろ。ただの置いてけぼりだ

カインズホームから電話があった。

「(妻の母)はいますか?いつ帰ってこられますか?」と聞かれた

僕は状況を何も知らないんだから答えられるはずがない。

妻にメール「こういうふうに聞かれた。どこに行っていますか?」

妻「カインズホームには電話しましたので、大丈夫です」

いや、どこに行ったかが知りたいんだよ

ここで「どこに行ったか聞いているでしょ?」って返したら攻撃的に感じられてしまう

相手にメリットがあるように。

「昨日の時点では、相手も逃げちゃったし治療費なども出ないって話だったけれども

今日、連絡があって手続きを踏めば見舞金10万円が入ってくるので修理代に当てられます」

と最初に前置き。

「どこに出かけていますか?出る前に俺に知らせてください。何時に帰ってきますか?帰る前に連絡してください」

と送信した

返事は返ってこなかった

僕は仕事から帰ってくる前に毎日メールしている。

たとえ夜中であっても妻がそれを求めるから。深夜まで仕事で、気を遣ってメールしなかったら怒った妻

さらに僕の実家に行く時でさえ、予め妻に連絡するように強制される。

なのに、妻はしない

仕方がないのでもう一度。「どこに出かけていますか?いつ帰ってきますか?」

だいぶ経ってから「何か用事ありますか?こいのぼりの片付け、布団を干して掃除をしてください。13時までには帰れると思います」

結局、行き先は最後まで隠したままだった。

言えないようなところに行ったということだろう。

帰ってきたのはだいぶ早い12:20

布団を干していると、1Fから妻が洗濯物を取り込みに来た

僕は何事もなかったかのように振舞って挨拶

妻は眉間にしわを寄せてこっちを見る。「婆ちゃん(妻の母)が心配しているんだから、何か言いなよ」

いや、顔合わせてないですから。・・・どうやって・・・

警察や保険会社から何度も電話があるのでテンパりながら対応

しばらくして1Fにおりた。とりあえず挨拶「こんにちは」

妻の母に「心配かけてすみません」と言うと「別に」と返ってくる。

言う必要なかったんじゃないか?

子供と触れ合うのは2週間ぶり。1歳半の子供に父である僕が会って触れ合うのを、いいがかりをつけて制限されてそれを我慢してやっと会えた我が子。僕の顔を見るなりニコニコして両手をあげて僕の方に近づいてくる。子供を抱いた。自分にとってとても大切な時間。

しかし、その後妻からの一方的な口撃が始まった。

「ボーッとして運転して事故に遭うなんて信じられない。しばらく保育園の送り迎えもしなくていい!子供を乗せて運転しないで!婆ちゃんが運転するから!子供のことは絶対に譲れないから納得して!」

一方的で話し合いや選択の余地はない。

妻は職場の立体駐車場にて内輪差でおもいっきりコスって、運転席側のドア一枚まるまる交換修理したことがある。
100%妻の過失。

確かに僕はボーッとしていた。反省している。しかし、思い切りぶつかってサイドミラーとガラスが吹っ飛んで粉々になるような衝撃にもかかわらず逃げるようなやつが相手である。自分に過失はあったが100%ではない。

しかし、そんな事が聞き入れられるほど妻は冷静になれない。

まぁ、妻がそう思い込むのも無理はないとは思う。
自分も悪いのだが、話し合いや選択の余地なく一方的に強く言われると硬くなってしまう。
自分が硬くなると妻がもっと硬くなる。

さらに妻「修理代がかかるんだからあなたも来月から1万円小遣い減らして2万円ね!私だって働いているのに2万円でやっているんだから」

妻は実質こづかい2万円ではない。今日だって僕に言えないようなところに出かけているし、知らないところでイオンモールにも行っているし、1パック2000円以上するような肉を毎月大量に買っている。僕の稼いだ金も妻のいいように使っている。
おむつやキッチンペーパーなどの日用品を安く買っているなどは感謝しているが、僕の小遣いの額以外は妻の自由。全然平等ではないし、使い道や貯蓄額は僕にはわからない。

妻は「私は小遣いだって、子供のためになればと思って使っている」と言う。英会話教室の月謝代を払っているとのこと。
目的がしっかりしていれば家計の金で払っても良いと思っていたので、通い始めるときに僕は
「どんな目的で通わせる感じなのかな?」と尋ねた。
「小学校から英語が始まるし、ついて行きやすくなるように。あとは周りの友達とも楽しんで過ごすため。友達と楽しくって言うと、確かに保育園の方が友達たくさんいるし長くたくさん触れ合えるんだろうけれども・・・まぁいいや。私の小遣いで行かせるから」と言ったのが発端。
子供を育てて家計を運営するのに、目的もなしにただなんとなく大金を出すわけにはいかない。
目的も伝えられないことに自分で気づいて、自分で小遣いから払うことを選択したが、いつの間にか被害的になり、その価値観を押し付けてくる

僕の小遣いの使い道は、研修。稼いで子供を育てて家のローンを返すためには、技術を磨いて研鑽する必要がある。だから高い金を払ってでも学ぶ必要がある。仕事が遅くまでかかると昼食から10時間12時間と何も口にできないことがある。ちょっとお菓子を食べたくなったりもするが、本を買ったり研修に行くために、我慢する。
それは僕にとっては家族のため。

にもかかわらず「あなたは自分のためだけに小遣いを使えるのだからいいじゃない」と妻。

妻がイライラし喧嘩し心を消耗するのは、大体いつも妻からの一方的な価値観の押しつけが原因。



「あーいえばこーいってばっかりでイライラする。自分の方から『しばらく子供を乗せて運転しません』って言えないの?」

僕「そう思っているのはキミだよね」

「あーもううるさいなぁ。イライラしてごはんが食べられないからあっち行って。もういい。」

僕「一方的な押し付けしかなくて悲しくなるよ。子供2週間ぶりに会ったのに。なぁ」子供を抱き寄せる

「もういいからあっち行って鯉のぼり片付けてきてよ!」
 こうやって妻はいつも一方的に排除してくる。このせいで子供と殆ど触れ合えない。

僕「結局、邪魔者扱いか。悲しくなるよ」
 怒ったり怒鳴ったりしないための感情コントロールで精一杯。


受診して実況見分して帰ってくると焼肉の匂いが漂う

自分の分の夕飯は階段に置いてある

小さな黒糖ロール4つのみ。


一体どうしたらいいのかわからない。
状況は深刻だと思う。
20:49 | 備忘録 | comments(0) | - | pookmark
不幸せになる7つの悪習慣
 第1の悪習慣 人のせいにする
他人や学校、会社、政治などのせいにして、自分はいつも犠牲者になる。
第2の悪習慣 目的を持たないで始める
明日のことを考えない。どうぜ明日は死ぬかもしれないのだからと開き直る。
第3の悪習慣 1番大切なことは後まわし
自分の人生で1番大切なことは何であれ、TVの再放送を見たり、延々と長電話をしたりネットサーフィンをしたりする。
第4の悪習慣 勝ち負けという考え方
自分が負けそうな雲行きなら、相手も一緒に引きずりおろす。クラスメイトでも先に相手も負かす。
第5の悪習慣 まず自分が話し、それから聞くふりをする

必ず自分の言い分を先に言う。相手の話すことは、ふんふんと適当に聞き、本当に周りの意見を聞きたい時だけ真剣に聞く。
第6の悪習慣 頼れるのは自分だけ
チームワークなんてクソ食らえ。おかしいのは相手の方だ。そんな連中とうまくやろうとしても無駄。
第7の悪習慣 自分をすり減らす
忙しすぎて、自分をリニューアルしたり、磨いたりする暇が無い。





JUGEMテーマ:ビジネス書JUGEMテーマ:モチベーションJUGEMテーマ:夢・目標
ショーン コヴィー
キングベアー出版
¥ 1,575
(2002-05)

02:32 | 読んだ本 | comments(1) | - | pookmark
協会の組織率は今後下がるでしょう
 
2月15日発行の日本作業療法士協会ニュース

みなさんのところには届きましたか?

平成23年2月1日現在の作業療法士

有資格者数 53080名
協会員数  42251名
組織率    79.6%

80%を切っています


事務局からの重要なお知らせがありました

結論から言うと、
 
2012年3月31日時点で1年分でも未納会費があると 強制退会になる
というものです

2010年度がウッカリと面倒くささで未納の自分は
2年分24000円を協会に払います

銀行引き落としのシステムをとろうとしない協会は
「毎年」、財布から直接12000円を払わせるシステムをとっています。

一方、県士会は銀行引き落としのシステムをとっているため
払い忘れたことは一度もありません。


日本作業療法士協会が主催する
6月に埼玉で行う予定の全国学会のテーマは
意味のある作業の実現」です。

年間12000円を払うという作業の「意味」を協会は真摯に考えているでしょうか?

簡単に言うと、12000円分の何かメリットがあるのかということです。

自分は今年度、払っていませんでした。

しかし、県士会研修費が1回1500円ほど上乗せになるだけで、
昨年と同じ情報を得られ、デメリットはまるで感じられませんでした。

日本の作業療法界の今後を思うと、みんなで集まって大きな組織を作らないと
力にならない
と思うので、自分は払います。

まるで寄付のようにも感じます。

目の前の対象者に真摯になっている作業療法士は、同じ12000円を
書籍代や研修費に使おうとするでしょう。

なぜなら、その方が作業療法士のスキルが上がり対象者のメリットになるからです。

遊びたい盛りの人は遊びに使うでしょうね。それも経験だと思います。



今のままだと2012年4月の組織率は激減し、多くの収入を失うでしょう

協会が真摯に取り組めば組織率はあまり減らないかもしれません

ある程度、収入を保ち協会のチカラを高めるにはどうしたらよいか



第1に納入システムが良くないと思います。

協会員は毎年12000円をその手で振り込むときに
その作業の意味を感じ、協会活動をふるいにかけます。

12000円分のメリットを協会員が感じられなければ未納は増える。
その機会は「毎年」やってきます。

以前、銀行引き落としのシステムは取れないのか協会に問い合わせましたが、
「できない」との回答でした。

このたびは会費の支払い方法についてご提案いただき有り難うございます。
 
ご指摘のとおり、会費未収の問題は協会活動を根幹から揺るがしかねない大きな問題になりつつあります。他団体に比べれば会費納入率は高い水準にあるのですが、会員の絶対数が多いために、率としては低くても額としては大きなものになってしまっているのが実情です。
 
この問題に対しては、協会としても種々対策を検討してまいりました。そこで、まずは「郵便振替」に加え、「コンビニ決済」を導入したところですが、さらに携帯電話を利用した「モバイルレジ」や「クレジットカード決済」等の方法、また猶予期間の問題等についても鋭意検討を進めているところです。
 
これらの検討の中で「銀行引き落とし」の方法についても当然検討されましたが、^枡暗に伴い使用する銀行口座が変わっても協会にその連絡がない、⇒其盪長發足りない、といった理由で引き落としができず、円滑な運用が困難になることが予想されるため、導入を見合わせております。
 
上記の予想はすでに別のところで実証されてもいます。「作業療法士総合補償保険制度」の「上乗せプラン」は、会員がご自分の意思で加入した保険であるにもかかわらず、2千人にも満たない加入者のうち上記´△陵由で銀行引き落としができないケースが数十件にも及び、口座の確認作業のために大変な労力と費用を要しました。これを全会員の会費納入に適用した場合の混乱を考えますと、やはり今のところ「銀行引き落とし」の導入は難しいのではないかと推察されます。
 
とはいえ、何らかの対策を講じなければならないのも事実です。今回いただいたご意見を参考にさせていただくとともに、会員の声を広くうかがいながら早急に検討を進め、具体的な方策を提示してまいりたいと思っております。
 
まずは御礼と事情のご説明まで
このメールは2008年10月のものです。

2年経ちますが具体案はみられません。

「できない」様々な大変な事情があるのでしょうが、

そのままであれば膨大な未納額が今後も増えるでしょう。

本当にこのままでいいんですか?



第2に協会員がメリットを感じられるような協会活動が必要だと思います。

協会活動には認定作業療法士や専門作業療法士の研修・認定があります。

また、「作業療法5・5計画」と題して
 「2008年から2012年の5年間に、
  作業療法士の5割を身近な地域に配置し、
  地域生活移行支援を力強く推進していきます」
とうたっています

認定作業療法士数は540名で協会員数のわずか1.2%
専門作業療法士数は26名で0.06%です
地域への影響には限界がありそうです。

日本でトップレベルのアクセス数のブログを書く某認定作業療法士は冒頭で
認定作業療法士とかいう何のメリットもない資格も暇つぶしに取得していますw 本当に何のメリットもございませんw」
と言っています。

取得にあまり興味を持てないような協会活動は協会員のメリットとは言えないと思います

そして、2012年3月31日時点で強制退会になるという措置により組織率が下がると、
「地域生活移行支援を力強く推進する」ためのチカラが減るでしょう。



今日の結論
  「地域生活移行支援を力強く推進する」ためには
  未納→強制退会措置というよりもむしろ、
  納入システムのカイゼン
  協会員がメリットを感じられるような協会活動が必要と思います

01:26 | その他 ひとりごと等 | comments(0) | - | pookmark
就労を目指す高次脳機能障害患者への作業療法

OTジャーナルの 

覗いてみたい!?先輩OTの頭の中

というシリーズで今回、

就労を目指す高次脳機能障害患者への関わり

というものがありました

19年目のOT 三井忍さんという

フジ虎ノ門整形外科病院で働く人が書いています。



高次脳機能障害者への作業療法、

どんなことやってるんだろう・・・




作業療法実施の回数と時間を徐々に増やし、
最終的には月〜金曜日の週5回、8〜17時に延長した。

プログラムは9時までは職員と共に訓練室清掃
その後1時間の自主トレと個別訓練で構成した。

自主トレ
 表計算ソフトの操作、
 インターネット検索、
 読書、
 プラモデル、
 工作など

を時間割に従って実施した。

個別訓練はグラウンドに出て
 ランニング、
 キャッチボールや
 サッカー、

作業療法室に戻って
 表計算ソフト操作指導 
 午後は病棟の倉庫へオムツを運搬・収納する作業を行った。

また定期的に病院公用車の清掃作業も実施した。
加えて電車・バスを使用した自宅と病院の往復
近隣スーパーへの買い物を行った。

はぁ、すごい。

有意義な活動で時間を占めるところに作業療法の語源があります。



本人が自発的に心からやりたいと思った作業が組み込まれているかは分かりませんが、

 プラモデルや、
 工作、
 キャッチボール、
 サッカー
なんかがその作業になっていると良いですね



・・・って、こんだけできるところはなかなかないですね^^;

8~17時までの作業療法の提供・・・

すごいですね☆

ほとんどは自主トレを行っているんでしょうね

あとこういうプログラムは作業療法士だけでなく、

看護師、介護職、家族に協力してもらわないと難しそうですね



皆さんの施設では8~17時までのリハ提供ができますか??
23:59 | 高次脳機能 | comments(1) | - | pookmark
車椅子座位での除圧動作
 
除圧とは、

褥瘡発生要因の一つである負荷時間間隔を調整するために接触圧を低下させることである

要するに、座っているときにお尻にかかる圧迫を取り除くってことです。

ずーっと座っているとケツが痛くなるでしょ?


そうすると自然と痛いところが当たらないように座るでしょ?

それが除圧です。



米国厚生省では


どんなクッションより除圧は重要であるとも述べ、

除圧を生活の中で行っていない人もいるが、いつかは褥瘡ができると述べている。



車椅子上での除圧動作姿勢としては、4つある。

∞宿瑤鮨眥召望紊欧
















⊂綢里鮑険Δ匹舛蕕に倒し、倒した反対側の臀部に間隙を与える
画像を最大化






A以へ倒れて臀部が上がる
図5:車いす上での除圧・減圧姿勢(前屈位)

ぜ岼愡劼瓦噺緤に倒す(ティルト)









∞宿瑤鮨眥召望紊欧

左右のアームサポートを持って上体を持ち上げる方法と、

介助者が後方から持ち上げる方法がある。

自分で行う場合には上肢の十分な筋力が必要であり、困難であれば介助者が後方から抱える。

臀部が完全に浮き上がって圧迫を除去できること、

また、蒸れなどの湿度湿気の上昇を防ぐことができるなど有効である。

ただ、個人でも負担が大きく、また介助者が後方から状態を持ち上げるとき、

介助者の背筋に負担をかけ腰痛を起こしやすいので注意する。



∈険Δ愍綢里鯏櫃絞法

身体の転倒を防ぎながらアームサポートから左右どちらかの上体を倒して、

倒した反対側の臀部を除圧する方法である。

また、ベッドの横などでベッドに手をつき、倒れる方法もある。

自分で行うにはある程度の上肢筋力やバランスが必要であり、

自分でできない場合は隣に介助者が座って対象者の身体を横方向に倒す動作をすればよい。

この方法は介助者への負担を減らすことができる。

除圧ができている確認は持ち上げる臀部下に手が入るか、または接触圧測定器で確認すると良い。

接触圧は低下するが、必ずしも完全に臀部が浮いていない場合もあり、蒸れなどの対応がしにくい。

また、アームサポートに体幹が当たるので、注意
する。



状態を前方に倒す方法

股関節や脊椎に問題がなければ、状態を前方に倒す手法は

臀部、特に仙尾骨や坐骨を除圧するのに良い方法である。

安定していれば自分でアームサポートを持ち、

場合によっては自分の大腿部に倒れる方法もある。

安定性がない場合、介護者が前にいて倒れるのを防ぎながら介助したり、

車椅子の前に机をおき、そこに上体を倒していく(場合によって机の上に枕を置く手法などがある。

車椅子以外、例えばトイレでも前方に倒すことで臀部の除圧が可能となる。

【写真:前かがみ座位】
自宅であれば、テーブル上にビニールテープで手形を作って
その位置に腕を置いてもらえば、除圧姿勢の再現性が高くなります。
周りの人も「ここの位置に置いてないな」というのがわかりやすくなります。


じ緤に座位姿勢のまま倒す方法

臀部にかかっていた力を材姿勢ごと後方へ倒す(ティルト)ことで力が臀部から背に移り臀部を除圧することができる。

これは、介助者により車椅子を後方に倒して、介助者がそれを維持する方法もある。

22:16 | シーティング | comments(0) | - | pookmark

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--